施工事例WORKS

給排水設備工事

繁盛店には、縁の下の力持ちがいる!巣鴨 美容室改修工事

こんにちは。ケーズフロンティアです。梅雨入りして蒸し暑くなってきましたね。
寒暖の差も激しいので、体調管理には気をつけていきましょう。

さて今回は、前回のブログでも告知していました、美容室の改修工事です。

まずは【施工前】と言っても、この写真では、何が何だかわからないですよね…

巣鴨駅近くにある、とあるビルの2階フロアです。以前も美容室だったとの事です。

解体屋さんが既存の設備を解体した後の1枚ですね。
前回も美容室で、今回も美容室なので設備工事はそんなに多くないかな?!と思い現地調査にお伺いしました。しかし…


既存の水道管の腐食が、想像以上にひどい状況でした。昔の配管には鉄管が多く使用されています。鉄管は内部に錆がこぶ状に発生し、水圧低下や赤水、漏水が発生します。
ただ、美容室があるのは2階、水道メーターは1階。かなりの距離がある上に、水道メーター側の敷地は狭小。条件は最悪と言っていいかもしれません。
普通の設備屋なら、内部の錆だらけの配管を再使用して新しい設備へ配管を切りまわしていくでしょう。

よくリフォームである事なのですが、見える部分(壁や床)はキレイに新しくなっていても、床下や壁裏、配管など見えない部分は更新されず、古いままの事が多々あります。
もちろん、配管を全部新しくすれば工事費用は高くなります。しかし、リフォームして何年か後に配管から漏水したら、仕上がった壁や床を一度壊し、また作り直し。そっちのほうが費用は高くなってしまします。
更に水圧が弱く、シャワーからチョロチョロしか水が出ない。さび水で洗濯物に赤っぽい色が付く、鉄が混ざった水を飲むと肝臓機能が低下する。「赤さび」は生活に深刻なダメージを与えます。
どんなに工事は大変でも、私には配管をそのまま使う事、一時しのぎ、見せかけだけの設備工事はできませんでした。(これが過酷現場を増加させてます笑)

やると決めたら、後は不退転の強い意思を持って工事するだけです。


内部配管、今回はバックヤード(従業員さんが仕様するスペースでお客様からは見えない部分)は露出配管なので真っ直ぐ見栄えの良い塩ビ管(HIVP HTVP)管で給水、給湯配管を新設しました。

シャンプー台の排水配管はしっかりと勾配を取り、エルボ(曲がり)は大曲がりを使用して、スムーズに排水され逆流しないように組んでいきます。シャンプー台の部分は床が上がるので見えなくなってしまう部分ですが、見えない部分だからこそ丁寧にキレイに配管を組んでいきます。

そして、ここが今回の工事の難所、屋外配管。まずは水道メータから建物裏まで12M近く穴を掘って配管を埋設していきます。
狭くて、写真では見えませんが頭の上に1Fの焼肉屋さんの排気のダクトがあり常に中腰状態、更にあいにくの雨。地獄です。心折れそうでしたw


隣のバス会社さん(都営)に事前に許可をいただき、敷地内に梯子をかけ2階まで配管します。給湯器も屋外、高所設置になるので配管結びを考慮して墨を出し配管します。
配管工事で大切な事は、どれだけ頭の中で仕上りの配管をイメージ出来るかです。
センスと経験が問われます。

配管工事が終わったら、水圧テストを実施します。

給湯器を設置します。ギリギリ納期間に合いました。写真では伝わらないと思いますが、高所での作業は地上作業の3倍手間がかかります。なかなか進まないんです。
一度梯子に登ったことのある人はわかりますよね。あの恐怖感と下に忘れ物した時の絶望感(笑)

あとは大工さんや内装屋さんが仕上げてくれた後に器具(シャンプー台、トイレ、洗面等)を付けて完了です。

ジャーーーーン!!!!


全ての苦労が報われるかのようなオシャンティー!!な美容室になりました。

設備屋の仕事は、外観に関わる華やかな表舞台の仕事ではありません。時には床下に潜り、服がボロボロになったり、泥まみれになって穴を掘ったり、汚水をかぶる時だってあります。でも、蛇口をひねったら当たり前のように水がでる。トイレを流したら当たり前のように屋外に排水される。そんな「当たり前をつなぐ仕事」「縁の下の力持ち」に私は誇りを持って取り組んでいます。

実はこの「ayame」美容室、この巣鴨で4店舗目のオープンです。そのうち3店舗(東久留米、清瀬、巣鴨)の設備工事を行いました。
元請けのビルメンテナンス会社 K専務からの情報だと、どの店舗も繁盛しているとの事です。工事中にオーナーさんにも会いましたが、人当たりが良く「スタッフの皆が頑張ってくれているから」と謙虚で素敵なオーナーでした。
「実るほど頭を垂れる稲穂かな」そんな言葉がぴったりでした。
成長する企業には必ず「心」がある。本当なのかもしれません。

一生懸命、配管した設備屋の想い×オーナーの店舗作りを全力でバックアップする元請けさん×「心」を持ったオーナー=【繁盛店の方程式】です!!!!

次回もお楽しみに!
ケーズフロンティアでは、どんなに小さな工事でも全力でサポートします。
お気軽にご相談下さい。
次回もお楽しみに!!

  1. 記事一覧
越谷のケーズフロンティア

越谷のケーズフロンティア ガス器具の修理・交換、住宅設備・給排水設備工事

〒343-0827
埼玉県越谷市川柳町5-336 ライゼ02号
TEL : 048-971-5724
フリーダイヤル : 0120-425-414

新着記事

ガス設備工事
エコウィルからハイブリッド給湯器「エコワン」交換工事
住宅設備工事
やるしかない!2トン浴槽用 循環濾過(ろか)ポンプ 交換工事
ガス設備工事
レトロ給湯器 PA-516RFWHZ 交換工事
住宅設備工事
エアコン専用回路工事もお任せください!!
ガス設備工事
TES熱源機ってなんですか?